中学3年生の最初の定期テストまでの数学の学習について。都立高校受験は墨田区の本所ゼミナールへ!

query_builder 2021/04/23
ブログ
20210427.数学女性


墨田区の個別指導塾、本所ゼミナール塾長の佐伯です。

新学期が始まり二週間が過ぎました。中学三年生にとっては、高校受験生となる大事な一年間となります。とは言え初めて受験をするお子様にとっては三年生になって急に「今年は受験生だから、今まで通りではダメだぞ!頑張れ!」と保護者様や学校の先生から言われるようになります。
「受験生って何をすればいいの?」
これが初めての受験を迎える中学三年生の気持ちだと思います。
これまで習ったことを復習するのが受験勉強となりますが、中学三年生のお子様たちには分かりません。復習の仕方を伝えるのが塾の先生の役割と思っています。

余談となりますが、小学生の保護者様からよく、「中学受験はした方が良いのでしょうか?」という質問をいただきます。塾長佐伯は中学受験をしておらず、高校時代の都立高校まで公立でした。そのためあまり中学受験の必要性は感じていませんでしたが、塾の先生としての答えは、「私立中学に行くかは別にして、中学受験はすべきです」と答えています。
理由は、高校受験で初めて「受験」という物を経験するお子様と、中学受験で一度受験を経験しているお子様では、受験に対する意識が全く違うからです。さらに受験勉強をするにあたって、やるべき事が見えやすくなります。

本日のテーマは「受験生としての中学三年生の数学について」でしたので、話を戻しましょう。

墨田区の中学校での三年生になって最初の数学の単元は、「展開と因数分解」となります。
(x+2y)(x+3y)
のような形の物です。
そして6月の中間テストまでの範囲は例年展開、因数分解、式の利用、平方根となります。

この範囲は計算の正確さと、暗記力が求められます。
では勉強において何に力を入れたら良いかというと、ズバリ繰り返しです。答えを覚えるまで何度も同じ問題を解くことが必要です。つまり、数学が苦手なお子様も対応出来る内容であると言うことです。

毎年中学三年生を見ていて起きることが、数学が苦手だった塾生が、この範囲を根気強く学習することで何時の間にか数学を好きになることが多いのです。

大切なのは毎日計算を粘り強く解くこと。毎日10問で構いません。続けることが大切です。

大きく点数を上げるチャンスの次回の定期テストになるので、ぜひ頑張ってください!


墨田区の個別指導塾本所ゼミナールでは勉強が苦手なお子様が、前向きに勉強出来る仕組みを作り、お子様の成績アップの実現と、お子様の中学受験、高校受験、大学受験の目標達成を目指した指導を行っています。

その中でも都立高校受験に強いのです!

当塾は新規塾生を募集しています。本所ゼミナールは生徒一人一人に合わせたオーダーメイド授業を行っているので、通年で募集しており、年の途中や月の途中からでも入塾いただくことが出来ます。 ご興味をお持ちいただけたら、下記「お問い合わせ」よりお気軽にお問い合わせ下さい。

以上、墨田区の個別指導塾、本所ゼミナール塾長の佐伯でした。


NEW

  • 定期テスト勉強を始める時期について/都立高校受験なら定期テスト対策の墨田区本所吾妻橋駅の個別指導...

    query_builder 2021/10/14
  • 定期テスト対策講座のご案内/墨田区本所吾妻橋駅の個別指導塾、本所ゼミナールへ!

    query_builder 2021/10/12
  • 都立高校受験なら定期テスト対策の墨田区本所吾妻橋駅の個別指導塾、本所ゼミナールへ!

    query_builder 2021/10/11
  • 英検受験ラッシュ!都立高校受験なら墨田区本所吾妻橋駅の個別指導塾、本所ゼミナールへ!

    query_builder 2021/10/09
  • テスト直前の土日の過ごし方。都立高校受験なら墨田区本所吾妻橋駅の個別指導塾、本所ゼミナールへ!

    query_builder 2021/09/10

CATEGORY

ARCHIVE